都道府県格差

飲食店の居抜き物件がココに来て一気に出始めました。六本木駅の徒歩1分の物件家賃100万、売上想定800万以上は想定出来ると以前なら出てくる前に決まっていた案件だと思います。コレはと家賃70万で指値交渉をお願いしたら、まだそこまではと断られましたが…

居抜きの出具合を見ていると、東京が少なく神奈川が多くなってきているように思います。埼玉もこれからなのか、、まだ少ないように感じます。10年に一度、20年に一度出てくるかのような場所が、ここ1ヶ月で出てくると思います。この情勢の中で動けるか、申し込みを指せるかで、初期費用で何百万軽減出来、運営では利益が何十万違うことでしょう。

テラス席、換気感ある箱、1階で商業と住宅の混在、地域平均年30代が多いところ、世帯年収580万が中心ゾーンにあるところなど、withコロナでは出店戦略も変えていく必要ありです。

串カツ田中、昨日今日で表に撤退出てきてるだけで3件ありました。実態は20件以上撤退もうすでにあるんじゃないかと思います。問題は、場所は良いが中身が価値が無いので、スケルトン費用を内装費用に折り込み考えないといけないのがネックです。

今回の情勢で、個人が個人店の居抜き店舗を買い取り開業するケースは今まで通りありますが、個人が中小企業の多店舗展開物件を買い取り開業するケースが多くなるとみています。個人が開業するよりも、中小企業の居抜きは内装デザインも設備もいい状態なので個人にはお買い得です。

個人で脱サラからお考えの方は、小さく低投資でカウンター席のみでの構想を、40席、売上500万、利益100万以上をを家族で、パートナーと仲間と運営していく構想をお持ち頂いて良い居抜きの雰囲気がアフターコロナです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました