やろうとして本当に行動できる人は1割しかいないからこそ価値がある

1割の踏み切った者にのみ与えられる人生の時間には周囲を幸せにする力がある

起業の学びLINE@友達

脱サラをお考えの全ての方へ

保存版
スポンサーリンク
脱サラで飲食店を選ぶ理由とは?

脱サラすると考え「何をやるか?」これは誰もが考えることですよね。

ラーメン屋、デリバリー販売、コンビニ、釣具屋、ハンコ屋、学習塾、カフェなど未経験でも出来る業種は増えています。

一番大切なことは、「何のためにやるのか」「どう在りたいのか?」ということだと思います。

私も数多くの脱サラのサポートをさせて頂いていますが、皆さん脱サラの動機は様々です。

「現状のサラリーマン生活での給与に限界を感じた」

「年齢からみて定年前にセカンド転職して長く続けたいため」

「家族との時間を多く取りたい」

「年収1,000万円を超えるためには独立しかないと考えたため」

「水商売上がりのためこの先まともな会社には入れないため」

色々な脱サラ、開業の動機があります。

様々な業種の脱サラ開業の現状を見てきた私が言えること

リフォーム工事のエリア版権を100万円でもらえる。

会社の看板を使って営業をしていいという利権を50万円で!

自宅で開業出来るマッサージのフランチャイズなど。

ここ最近、上記のような少額で開業出来る利権的なビジネスへの参加が脱サラに人気のようです。

脱サラ=本業であり副業ではありません。

上記のような少額で参入出来る利権的なビジネスは副業としてならよいと思いますが、

本業としては、実態の無い商売ほど難しいものはありません。

実態のある商売とは何か?

こちら側から売り込まずとも出向かずとも、お客様なり近隣に周知してもらえる商売だと思います。

朝、起きて「よーし今日も0からお客様探しに売上作りに行くぞー」と

毎日同じモチベーションで取り組める方なら良いのでしょうが…

飲み過ぎた次の日…雨の日…雪の日…何か気分の乗らない日…など

誰しもこういう日はあると思います。

こういう日にお客様なり売上が黙っていても向こうから来てくれる、

こちらの気分関係なしに売上として結果が出る。

長く続けるならこっちの方が良いと誰もが想いますよね!

脱サラや開業というのは始める前が最も気分が高まっている時です。

その時は開業後のことなどあまり深く考えません。

それが上記のような自分自身で朝、玄関を開けて積極的に行動すればいくらでも

稼げるという自信から実態の無いビジネスに手を出してしまう理由の一つだと思います。

脱サラ、開業、独立はあれっ?違かった…違うビジネスにしようとはいきませんよね。

転職するのとは訳が違うのです。

事業資金を借入して始めている人ならばもう後戻りできません。

脱サラパワー、やる気はとても必要なことですが、あくまで短距離走ではないので

長距離走と考えたとき、自分自身が今のモチベーションが落ちてきたときも数字として結果がきちんと残せるビジネスであるか?

私は飲食店と不動産を専門にやっているのでどちらも実態は道を歩くおばあさんにも気づいてもらえます。

衣食住という言葉がありますよね。

日常の中で必要とされる
こちらが動かぬとも人に必要とされ気づかれる
自分の気分や行動に関係なくある程度、数字がきちんと上がる毎日
その中でも「」のビジネスをおススメする理由は…

初期投資の7割が設備資金であるビジネスだからです。

(海外旅行に行って15万円と冷蔵庫を買って15万円は金額にして同じですが15万円の活用期限が違います)

広告費とは一発当たるか外れるかのため活用期限が短いものです。

厨房設備費用、内外装費用、料理器具、不動産保証金預入金はこれ全て10年以上活用出来るものです。

 

10年間ビジネス出来る道具に初期費用を掛けるのが飲食店の開業なのです。

衣食住に当てはまり、人に毎日誰かに必要とされ、10年間使用が出来ることが約束された資金投下で始められる。

脱サラをする上で投下する初期資金の活用期限が長いことはとても大事なことです。

焼鳥屋を検討の候補にとお考えの方はこちらからどうぞ➽

ナゼ? 焼鳥屋が安定なのか?

ここからは飲食店にコミットしてお話しさせて頂きます。

繁盛する個店の飲食店の店の中には生産性が最も高い場所にオーナー店主がいることが大事となります。

寿司屋のカウンターにいる大将の良し悪しで寿司屋の繁盛は決まりますよね。

焼鳥屋もカウンターの中にいる店主で店の良し悪しが決まります。

ラーメン屋も蕎麦屋も中心にいる店主で決まります。

その中でも滞在時間が長いのが寿司屋と焼鳥屋になります。

ラーメン、蕎麦はいても30分程度であり、蕎麦は厨房内に店主がいるため会話出来ません。

ラーメン屋でいえば特殊な内装のため、厨房内と客席側に目線の高さの寒暖があり、まともにしゃべれません。

寿司に至っては脱サラで手を出せる代物ではありませんよね。

焼鳥屋は店主が店の中で最も生産性が高く、お客様との会話も長く時間が持てます。

これが個店で繁盛する最大の理由なのです。

味だけで顧客を作るのはとても難しいことです。

味+店主で顧客を作っていけるのが焼鳥屋開業のメリットです。

地方で開業するメリットとは?

弊社のご加盟で地方で繁盛している店が多数あります。

地方店舗は土地・人件費が安い分、原価にウエイトを掛けれるため美味しいお店がとても多いです。

焼肉屋など都心で食べる仮にA4牛肉と片田舎の焼肉屋で食べるA4牛肉は同じ肉でも金額にして倍以上変わります。旨いのに安い店が多く、広告を掛けようにもそこまで人が近隣に潜在していない。

こういった市場の中で戦っていかなければなりません。

このように仕入れ先次第で繁盛するか否かが決まってしまう地方では脱サラ組の飲食店開業はとても厳しい結果になります。

私たちのブランドも地方の知り合い付ての仕入れ先を確保しているブランド鶏を使ったボリュームのある安価な焼鳥店にはとても勝てません。

ですが東京なり都心は人が多く好みも多種多様です。

そういった市場の中で万人受けするものを追及してきた私たちのブランドパッケージがあります。

仕入れ先、食材、価格で勝てないですが、お店の来店から帰るまでのパッケージ感で差別化を図っています。

ご加盟頂き開業したオーナー様に共通しているのが東京に仕事の関係で出張していたことや東京によく来る際、食べ歩きをしていたことです。

「食べ方・出し方・接し方に敏感に反応した方が弊社のオーナー様なのです。」

地方で10人のお客様に好かれることは出来ませんが3人のお客様には感動してもらえます。

その3人が常連様となります。

 

これが地方で未経験からの開業で後発として繁盛しているオーナー様の店の秘訣です!

都心で開業するメリットとは?

都心は右見ても左見ても人・店が混在しています。

その中で飲食店を開業しようと考える方はまず人の多いところで店の多いところで店舗を探します。

もちろん人・モノの多いところは地価が高く家賃が高いです。

開業資金も当初予定していた金額よりも500万~1,000万高くなってしまったなんて話もザラです。

私たちの人・モノ・店が多いところでの絶対な出店ルールが3つあります。

全てはお話で来ませんが…一つ上げるならモノ・店がないところに出店するということです。

都心で開業するメリットとは出店出来る選択肢の場所が至る所にあることだと思います。

何のために脱サラするのか?誰のために開業するのか?
電車に乗らないと答えた方から始まり、仕事の時間が人生の中で最も長いというならば、その時間を家族と一緒に商売をしながら過ごしたいと答えた方。
人に遠慮して休む必要がなくなる。
スーツは捨てますと答えた方。
次の日のことを夜22時を過ぎたあたりから考えて飲んだり生活したりを考えなくてよい生活を手に入れたい。
手帳さえいらない。
やればやった分きちんと自分に反映される。
80万円稼ぐことが自分の人生では無理と思っていたが実際に今手にしてみると100万円も手が届くように思える。

背負うものが増えれば増えるほど人は皆、現状を守ろうとするものですよね。

住宅ローンに車のローンに子供の学費にちょっとした自分の娯楽に。

上記の言葉を頂いたオーナー様、皆が本当の意味で人生でしゃがんだのは開業して1年ぐらいと話しています。

人生のどこかで大きくしゃがまないと手に入らない領域があると話してくれたオーナー様がいました。そのオーナー様は現在3店舗運営の法人経営で社員5名アルバイト10名の社長様になられています。元々は小売業に勤めるサラリーマンの方でした。

今一度、何のために会社を辞め独立するのか考えてみるのもよいものです!

焼鳥屋の開業を検討してみたいと思った方はこちらからどうぞ➽

独立し社会に個人として出ていく役割

独立、開業となれば、大半の方は日本政策金融公庫様なり保証協会様などからお金を用立ててスタートすると思います。

ナゼ?日本政策金融公庫や保証協会が保証人なし担保なしで1000万円もの大金を10年以上の返済期間で金利1%ちょっとで貸してもらえるか?

まして現在無職の方に貸し出すのです。

普通に考えれば在り得ない話しなのです。

これは上記2社ともに国の事業だからなのです。

銀行は民間からの貯金を人なり企業に貸して金利を稼ぎます。

国の事業としての国金などは金利で稼ぎたい訳ではありません。

日本の成長や景気観を良くしていきたいのです。

そのため、事業をこれから始める方には敬意を持って接してくれるのです。

事業を始めるということは、その場所で雇用が1人も2人でも多く生まれます。
雇用が生まれることで所得税が生まれます。
事業を行えば事業税が生まれます。法人に成ってもらえれば法人税が生まれます。
仕入れがある商売なら近隣の地域商業が活性されます。
モノ・サービスが交換されれば消費税が発生します。
店を構えるような事業ならば夜間の防犯にも役立ちます。
遠方から人を集められるような事業なら近隣の小売り商売店などにも恩恵が生まれます。

たった1人の脱サラを支援した国金の存在は地域全体にとって大きなものなのです。

こんなに国は政府は本来脱サラ、独立を応援しているにも関わらず、独立すること自体が悪のようなイメージが未だあるのか?

 

 

国が支援しているのにやらないのはとても惜しいことです。

今動いたことが1年後の人生の在り方を変える?

脱サラはお金を出すという点では買うという行動と一緒ですが、モノを買う車を買うのではありませんのでヨシっ今週の休みに契約しよう買いに行こうというわけにはいきません。

家を買うよりも結婚相手を考えるよりも時間を掛けるべきです。

自分の人生が大きく必ず絶対に変わる契約書にサインをしてお金を使うからです。

家を買っても自分の生活感は変わっても人生はさして変わりませんよね。

結婚相手も結婚して自分の人生が失敗するようなことは早々起きないと思います。

脱サラは良しも悪し2面を持っています。

だからこそ時間を掛けて自分で納得するまで手を出してはいけないのだと思います。

まずは脱サラ開業の情報集めから動いてみてはいかがでしょう!?

弊社で言えばは焼鳥屋を専門にしたフランチャイズサポートとなりますが参考までに資料請求してみてください!

焼鳥屋を開業でご検討の方はこちらからどうぞ➽